シルバニア劇場



シ-01 シルバニア劇場

持ってはいるんですが、私のものは状態があまりよろしくなく
サイトへのアップはどうしようかしらと思っていましたら
きれいなものの画像をいただきました。
ありがとうございます。
私のものと画像を合わせてご紹介します。

(画像提供:mei-mei様)

1990年製。
シルバニアで人形劇ができる変わり種。
劇場も付属品も紙製なので、
くたびれやすいのが難点。

(画像提供:mei-mei様)

6枚のパネルで4つの場面が作れるようです。
森の中、雪の日、お部屋の中、お家の前。

本体、サインパネル、フロアーボード、
背景パネル×6、パネルシール、
テーブルチップ、小物チップ×4、
人形ホルダー×3、人形ホルダー(赤ちゃん用)、
人形チップ×4

(画像提供:mei-mei様)

組み立てるとこうなります。
上部にあるサインパネルのウサギが
ちょっと怖い(笑)

(画像提供:mei-mei様)

裏側。
劇場ぽいですね。

(画像提供:mei-mei様)

背景パネル。
デラックスハウスが白い!
奥に山のパネル、手前に部屋のパネルを置いて、
部屋から山が見える、なんてことができるのかと。

(画像提供:mei-mei様)

テーブルも紙製。
説明には「人形ホルダー(赤ちゃん用)」って
書いてありましたけど、赤ちゃんいないよなあ?
クマは男の子じゃないのかなあ。
この他にも、ティーセットのチップと
花かごのチップがあったようです。
人形チップが着ている服も見たことがないかも。
おしゃれなドレスを着ていますね。

ホルダーに人形チップ、または手持ちの人形を立たせ、
劇場の床にある3本の溝にセットすると、
横にあるレバーで人形を左右に動かすことができます。


ここからは自前のものの画像です。
説明書。


パネルの組み合わせ方。
背景を自分で書いて作ろう、ともあります。
そういうのもできるんだな。


組み立て方。


片付け方。
うーん、あとかた「ず」け・・・。
片を付ける(かたをつける)で片付けなので、
「あとかたづけ」が正解です。
お子様が目にすることもあるかなと思うので
書いておきます。


こんな訂正が。
これで大きさがわかりますね。

遊ばないときは、フロアーボードを置いて
インテリアとして飾っておいてもいいそうです。

2016年2月に発売された「森のバレエ劇場」は
この劇場からそれこそ劇的に変化しています。
26年ぶりの劇場だもんなあ。
比較してみると面白いかもです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

テキストのコピーはできません。