シルバニア クマファミリー(1998~)



クマファミリー(1998~)


お父さん、お母さん、男の子、女の子、赤ちゃん、
ふたごの赤ちゃん、ふたごちゃん

1998年発売のファミリー。
このクマから、○○タイプという言い方はなくなり、
シンプルにクマファミリーとなりました。
なので、呼び分けが難しくなりました(笑)

ふたごの赤ちゃんの移り変わり

↑の写真に写っていたのでちょっと余談をば。

一番最初にふたごの赤ちゃんが登場したのは
1991年、アイボリーウサギのふたごと
ティアドロップクマのふたごのようです。
1992年にグレーウサギ、アイボリーイヌ、
アイボリーネコの3種が発売。
呼び方は「ふたごの赤ちゃん」。
スタイルは、「お座り」と「ハイハイ」。

2004年にふたごさんは大変身。
スタイルが「おねむり」と「ハイハイ」になり、
それぞれ哺乳瓶とおしゃぶりが咥えられるよう、
口がオープン(?)になりました。
この時発売されたのが以下の7種。
・わたウサギ・みるくウサギ・シマネコ
・マロンイヌ・キツネ・クマ・ネズミ
この時から、呼び方は「ふたごちゃん」に変わりました。

2014年、再びリニューアル。
スタイルは「お座り」と「ハイハイ」に戻りましたが、
口はオープンのままになりました。
呼び方も「ふたごちゃん」のまま残りました。

ふたごがリニューアルされる度に全部買いなおし(笑)
なかなかコレクター泣かせのふたごさんですわ。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

テキストのコピーはできません。