シルバニアファミリー ファンクラブの歴史



シルバニアファミリー
ファンクラブの歴史

1985年に誕生したシルバニアファミリー。
30年以上の間、広く長く愛されている玩具です。
ファンクラブも長きにわたって存在しています。
今回はその歴史を調べてみました。
ただし初期のころは資料が乏しく、不明な点も多いです。
ご容赦くださいませ。

シルバニアファミリー 友の会

初期は「シルバニアファミリー友の会」という名称でした。
「フレンドリークラブ」という呼び方もあったようです。

期間

シルバニア通信創刊号(第1号)は、1986年の夏号です。
それより前にファンクラブがあったかどうかは
よくわかりませんが、
有料のファンクラブはこの辺りにできたと思われます。
1998年に、「友の会」の新しい名前が募集され、
友の会は、12年目で名称変更となりました。

年会費

初期(1986年)は500円でした。
切手を送付して申し込む形です。
1994年には、700円から800円に値上げ。
(いつから700円かは不明;;)
1997年4月からは1000円。(継続は800円。)
その代わり、クリスマスカードがプラスになっています。

特典

シルバニア通信創刊号には、
「カワイイバッヂ」「ステキなカード」と書いてあります。
1989年には、継続すると
「オリジナルフレンドリーカードケース」がもらえると
ありました。
その他はどんなものがあったのでしょうね。

シルバニアファミリークラブ

募集されていた新名称とロゴが、
シルバニア通信50号(1998年・秋)で発表されました。
新名称は「シルバニアファミリークラブ」。
シンプルですね(笑)

期間

名称変更されたのが1998年秋。
2006年の3~4月ごろまで続きました。
7年半くらいでしょうか。

年会費

入会も継続も1000円。

特典

・フレンドリーパスポート
・入会記念 ピンクのわたウサギの赤ちゃん
・シルバニア通信(年4回)
・バースデーカード
・クリスマスカード

1999年


新規の会員は、
ピンクわたウサギの赤ちゃん(立ちポーズ)。
継続の会員は、ピンクわたウサギのふたごの赤ちゃん。
ふたごと言っても、立ちポーズの方は新規の人が
もらえるものと同じなので、
継続の人はお座りの方を更にもらえる、と
言った方がいいかもしれないですね。

なお、入会特典はその後もずっとこの
「ピンクわたウサギの赤ちゃん(立ちポーズ)」
で統一されています。

また、特典の切り替えは3月頃に行われました。

2000年


2000年の継続特典は、
ピンクシマネコのふたごの赤ちゃん。

2001年


2001年の継続特典は、
ピンクネズミのふたごの赤ちゃん。

2002年

2002年の継続特典は、
ピンクキツネのふたごの赤ちゃん。

2003年

2003年の継続特典は、
ピンクマロンイヌのふたごの赤ちゃん。

2004年


2004年の継続特典は、
ピンクくるみリスのふたごの赤ちゃん。

2005年


2005年の継続特典は、
ピンクひつじのふたごの赤ちゃん。

その後は?

2006年3月20日までに次のプレミアムクラブへ
継続申し込みした人には、
ピンクネズミ、ピンクキツネ、ピンクマロンイヌ、
ピンクくるみリスのふたごの赤ちゃんのうち、
どれかひとつをプレゼントされました。
切り替えに際して、
残っていたふたごちゃんたちを配布したのでしょうか。

シルバニアファミリー
プレミアムクラブ

「シルバニアファミリークラブ」が終わり、
「シルバニアファミリープレミアムクラブ」が
新しくスタートしました。

期間

2006年4月頃に始まりましたが、
2009年春にリニューアルされ、3年間だけとなりました。

年会費

年会費はプレミアムな3000円。
ですが、継続割引があったり、
アイビーマークで割引があったりしました。

特典

・メンバーズカード
・入会プレゼント おねえさん&ドレッサー
・シルバニア通信(年4回)
・おでかけコーディネート(年4回)
・バースデーカード

シルバニア通信

シルバニア通信は「Story Book」という物語になり、
お知らせ等は「シルバニアママ通信」となりました。
ですので、「Story Book」は
シルバニア通信Vol.80からになります。
2007年夏からは、
ママ通信は通販カタログと一体になりました。

2006年


クリームネコのおねえさん

2007年


ショコラウサギのおねえさん

2008年


シフォンイヌのおねえさん

おでかけコーディネート

年4回の通信と共に、「おでかけコーディネート」という
おねえさんの洋服+小物が送られてきました。
上の写真のドレッサーがそれでいっぱいになる、
というコンセプトです。
4回×3年ですが、ファンクラブの入会時期によって
切り替えがいつになるか変わりますので、
最終的には1から15まで存在したようです。
16は確認していませんが、ないですよね?

シルバニアファミリー
プレミアムクラブ
(リニューアル)

リニューアルされましたが、名称は変更なしです。
なんだか迷走の時期。

期間

2009年春にリニューアルされ、
2011年の2月末で終了しました。
2年足らずですね。短い。

年会費

変更なしの3000円。
ですが、通販の支払いに使える1000円分のポイントが
もらえました。

特典

・メンバーズカード
・オリジナルファイル
・入会プレゼント ももいろウサギの女の子
・森のおたより(年6回)
・バースデーカード

森のおたより

「シルバニア通信」がお知らせ冊子に戻り、
通販カタログとは別になりました。
「Story Book」はシルバニア通信の文字が消え
そのまま継続されました。
年6回と増えたように見えますが、
実はStory Bookとシルバニア通信は
交互に送られてきていました。
通販カタログは毎回来ていました(笑)

ももいろウサギの女の子


入会プレゼント

オリジナルファイル


オリジナルファイル(A5)

Story Book


名前の通り、物語絵本です。
2006年夏のシルバニア通信Vol.80から
2010/2011年冬のVol.96まで17冊。
シルバニア通信と書いてあるのは2009年春のVol.91まで。
最後のVol.95とVol.96だけなぜかサイズが大きいです。

女の子以外のももいろウサギファミリー


女の子以外のファミリーは、
会員限定のキャンペーンで入手できました。

2009年8~9月
会員ひとりにつきどれかひとつ、
アイビーマークと交換できました。
・お父さん・・・400ポイント
・お母さん・・・400ポイント
・男の子・・・300ポイント
・赤ちゃん・・・200ポイント

2010年2~3月
この回では、複数コースとの交換が可能になりました。
ただし、それぞれ1体までです。
(お母さん二人と交換とかは不可)
交換ポイントに変更はなし。

2010年9~10月
↑と同じ条件で交換可能。

この後はファンクラブ自体が終了してしまったので、
アイビーマークとの交換はできなくなりました。

アイビーマークとは?

シルバニア製品の内蓋についている、
点数が書いてあるマークのことです。
(海外製のものや文具・雑貨等にはありません。)
800円のものなら8ポイント。
5900円のものなら59ポイントと、
価格の100分の1がポイントになっています。
使用期限はなく、初期のポイントも使用可能です。

↑のももいろウサギのお母さん400ポイントは、
4万円のシルバニアを買ってやっと貯まるポイントです。
女の子以外のファミリーを揃えようと思ったら・・・。
計算したくなくなりますね(笑)

シルバニアファミリー
ファンクラブ
プレミアム会員

2014年の11月頃に、再び有料会員の募集が始まりました。
先行入会すると、シルバニア通信特別号(2014~2015冬)
が送られてきました。

期間

2015年1月~2018年3月現在も継続中。

年会費

1500円(税別)
早期継続申し込みすると割引あり。

特典

・入会記念 オリジナルドレスの女の子
・メンバーズカード
・シルバニア通信(年4回) A4サイズ
・バースデーカード
・メールマガジン

また、カタログ通販ではなく、
オンラインショップになりました。

2015年


ショコラウサギの女の子

2016年


ショコラウサギの女の子

2017年


ショコラウサギの女の子


シルクネコの女の子

どちらか選べました。

2018年


ショコラウサギの女の子


メイプルネコの女の子

どちらか選べました。

2019年


ショコラウサギの女の子


マシュマロネズミの女の子

どちらか選べました。

最後に

30年以上にわたり、幅広い世代に愛される
シルバニアファミリー。
ファンクラブも様々な変遷を経て、今も存在しています。

郵送でのやり取りから始まり、
今はもうネットでのやり取りが主流になりました。
時代の流れを感じますね(笑)
30年後にはどんな世界になっているのでしょうか。

親子で遊べる玩具としても、
大人が楽しむコレクションとしても、
いろいろな楽しみ方があるのが素晴らしいと思います。
ファンクラブの運営はたいへんな面もあるでしょうけど、
これからも末永くがんばって欲しいと心から思います。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

テキストのコピーはできません。